2017年1月21日土曜日

ロシア買付の旅☆モスクワ~観劇

今回の出張でも観劇を楽しんできましたよ~♪

今回はモスクワの中心地、
チャイコフスキー音楽ホール横、アクアリウム公園内の
「モスソビエト劇場」に行ってきました。

1922年に活動家セルギエフ・プロコフィエフの主導により
レオニード・アンドレーエフ作「サーバ」が上演され、
大きな評判を呼びます。
この時、ある団員がモスクワ労働組合文化部の支援を受け
参加していたことが注目され、幹部会から承認を受け
1923年、正式に「モスクワ県労働組合劇団」として創立。
最初は団員9人の劇場を持たない小さな劇団でしたが
1924年にはエルミタージュ公園内の劇場に居を構え
多くの才能ある俳優や監督を輩出しました。
1959年には現在の場所に新しく専用劇場が用意され、
伝統ある劇団の歴史を今に受け継いでいます。

モスクワの中心地でありながら
公園内にあるのでとっても落ち着いた雰囲気!

広々としたホワイエ。
夏場は大きなガラス窓からお庭を望むことができ
この劇場の名物となっています。
モスクワで観劇すると毎回感激(←!)するのが
本当に多くの若い人が演劇を楽しんでいること!
カップルや学生のグループ、親子連れなど、
思春期の中、高校生くらいの年の子を沢山見かけるのです。
クロークでは男の子はちゃんと女の子をエスコートして
見ているだけでなんだか幸せな気持ちになるんですよね~。

廊下には歴代の役者たちのポートレートや
上演作品が飾られています。


これこれ(笑)
公演前のちょっとした贅沢な時間です♪


今回観たのは、コレ!「ピーピーピー」ではありません。
「エル・エル・エル」、ロジオン・ロマーノビチ・ラスコーリニコフ、
そう、ドストエフスキーの「罪と罰」の主人公の名前です。
脚本自体は奇をてらうことなく
ストーリーと登場人物たちの心情が丁寧に描かれていて
とても見やすい舞台でした。
見どころは舞台装置!
とっても凝った作りで難しい作品の場面展開も
すんなりと入ってきました。

アクアリウム公園を出た先には
ペキン・ホテルの美しいイルミネーションが。
キーンと冷えた雪のモスクワの空気がほほに気持ち良いです。

2017年1月20日金曜日

ロシア買付の旅☆モスクワ~ワシリー寺院

今更ですが・・・
モスクワ在住のお友達にむりくりついてきてもらって
聖ワシリー寺院に初めて入ってきました。

イワン四世(雷帝)がカザン制服を記念して建立した
赤の広場に建つロシアでも最も美しい聖堂の一つで、
モスクワの象徴として目にする機会も多いと思います。

始めて短期留学でモスクワに行ったころ、
ここはジプシーにスリにあう鉄板観光地の一つで
店主はいまだにその印象がぬぐえず、
これまでワシリー寺院の前で立ち止まったことさえ
なかったのです。
ところが、昨年春にアレクサンドロフという町を訪れ
イワン四世にがぜん興味が湧いてきて
信仰深いイワン四世が建てた荘厳な寺院を観てみたい!
ということで初訪問となりました。

アレクサンドロフへの旅にご興味のある方は
こちらをどうぞ!
→2016年7月17日付けパルクのブログ

観光客がいっぱい!

入り口を入るとすぐにイワン四世がお出迎え♪

中央の主聖堂ドームを八つの小聖堂が取り囲む
独特の構造になっています。
それぞれの聖堂が至聖所になっており
どのドームもたくさんのイコンに囲まれ圧巻です!



あまりの荘厳さに目も頭もくらくらしちゃいました。
ふと回廊から外を見ると
かつて世界一の大きさを誇った「ホテル・ロシア」の跡地が。
いまだにこんな状態なんですね~!
やり手のモスクワ市長がいつまでもこの一等地を
ほおっておくわけないと思うのですが・・・

で、回廊を正面に回ると
ミニンとポジャルスキーの像の後姿が目の前に。
こちら側から見るクレムリンと赤の広場、新鮮でした!

2017年1月18日水曜日

ロシア買付の旅☆キーロフ②マトリョーシカ工房

今回のキーロフ行きのメインイベント、
ノリンスク・マトリョーシカ工房へ行ってきました!
ノリンスクはキーロフからタクシーで2時間ほどの町。
タクシーの運転手さんが
「子供のころから日本人女性に会ってみたいという
夢を持っていた」というすっごく面白いおじさんで
道中、いろいろなお話をすることができました。
いや~、楽しかったなぁ♪

ノリンスク工房ではマトリョーシカの注文と
個人見学を申し込んでおいたので
社長さん自ら工場内を案内してくれました。
材料となる木材は切った後森の中で2年間自然乾燥さた後、
工房の広い中庭で製品になるのを待ちます。


旋盤工の人たちはちょうどお昼休みに入ってしまって
削りかけの白木たちだけがゴロゴロ。


旋盤工は基本的に男性の仕事なのですが
10個組などの一番小さな米粒大のマトリョーシカだけは
女性職人さんが削っているそうです。
とっても小さいので細い指でないとできない仕事なのだとか。

ちっちゃい!!

旋盤で型どった白木にやすりをかけて表面を滑らかに。

絵具が乗りやすいように下地を塗ります。

ずらりと並んだ職人さんたち。
製品ごとにグループになっているようです。

こちらは新年を控えて大忙しのオーナメント製作班。

旋盤工には女性は一人だけ、と書きましたが、
絵付けの方では男性は一人だけ。
圧倒的に女性の多い仕事なのですが
学校を卒業したばかりというこの男の子は
マトリョーシカの絵付けに魅了されてただいま修行中。

ノリンスク工房と言えば美しいワラ飾りが特徴ですね。
細くリボン状に加工したワラに色付けなどして
さらに細かいパーツを作っていきます。
その後作品のデザインに合わせて貼り付けます。
細かなパーツなので指先が細くないとできない技術で
主に若い女性が担当しています。

一つ一つが丁寧な仕上がりです♪


キーロフからノリンスクへ続く街道沿いには
小さな町や村がいくつかあります。
その一つ、スナという町はこの時期
この町でしか採れないというルィジキ(チチタケ属)
というキノコが有名で
道端では各家の前でこんなふうに
自慢の自家製塩漬けルィジキを売っています。
夏から秋にかけて採ることができるのですが
秋の終わりのこの時期のルィジキは
小粒でコリコリとして最高なのだそう
いや~、運転手さんのおかげで
ホント、このドライブ楽しかったな~☆

ロシア買付の旅☆キーロフ①移動手段

さてさて、では二番目に訪れた街、キーロフのことを少し。
昨年初めて訪れた時に博物館などの観光は済ませたので
今回はサクッと。
前回とても気に入ったので宿泊したホテルも同じところ。
ご興味あのある方は前回のブログをご一読下さいませ。
ブヌコヴォ空港 (2015年12月17日付け)
ツェントラールナヤ・ホテル (2015年12月18日付け)

モスクワ市内のキエフ駅とブヌコヴォ空港を結ぶ
アエロエクスプレス号。

ブヌコヴォ空港は24時間営業なので
深夜にもたくさんの発着便があります。

搭乗口にある「コナソフ」というアパレルブランドのミニ・ショップ。
プーチン大統領やチェブラーシカをプリントした
オリジナルTシャツが人気で
モスクワの中心街や空港などにお店を展開しています。
搭乗時間を待つ間、ビールを飲みながらお店を眺めていると
一時間くらいの間に3組ほどプーチン大統領Tシャツを
買っている方たちを見ました。
ロシア人が商用以外で大統領グッズ買うところ、
初めて目撃しました!

そして、今回はモスクワへの帰路は鉄道で。
モスクワ=キーロフ間は「ヴャトカ号」という特急寝台列車が
毎日運航していて約12時間半で町を結んでいます。
キーロフの駅のプラットフォーム。


ホームにはあまり照明がなく薄暗いのですが
各ワゴンの乗り口は電光盤で掲示されているので
迷わずに見つけることができました。

寝台列車なのでお弁当がついています。
チキンとビーフの2種類のセットが用意されていて、
夕食にするか、朝食にするかを選ぶことができます。

じゃん!
機内食みたいにメインは熱々な状態で出てきます。
4人コンパートメントに今回は3人での乗り合い利用で、
予約の際に「女性専用」部屋を指示することができます。
他にペットボトルの水とスリッパや歯磨きセットなどが
チケット代に含まれています。

おトイレもとってもきれい!

なんと、シャワーもついています。
どうやって使うんだろう・・・

どこまでも続く雪景色。。。

ロシアの鉄道の旅と言えばこれですね!
目覚めの一杯にメニュー表から紅茶を注文しました。
35ルーブル(50円くらい)でこの贅沢感♪
後で分かったのですが
お弁当セットの中にティーバッグが入っていて
車掌さんに無料のお湯だけ頼むこともできたみたい。
二人の道連れがいて部屋内を撮ることは控えたのですが
寝具もきれいに整っているし、食事つき、テレビ付き、
おトイレも思ったよりきれいだったし
中距離列車の旅、気に入っちゃいました。
モスクワのお孫さんに会いに行くおばあちゃんと
研修でモスクワ本社へ出張するという20代女性との
つかの間の楽しい旅でした。

2017年1月15日日曜日

ロシア買付の旅☆ペテルブルグ④アンナ・アフマートワの家博物館

で、「ブロツキーの家博物館」の管理スタッフのおばさまに
「ここって、詩人のブロツキーとは違うブロツキーの
お家なんですかね?」とお聞きすると
「ヨシフ・ブロツキーの家博物館は今は閉鎖されていて
アンナ・アフマートワの家博物館に彼のコーナーがあるわよ。
でも、今はたぶん修理中だと思うけど・・・」と。

ロシアを代表する女流詩人、アンナ・アフマートワの家なら、と
せっかくの機会なので行ってみました。

地図で見ると「歩いて20分くらいかな~」なんて思ったら
結局寄り道も入れて一時間くらいかかっちゃいました。
ペテルブルグって地図だとこじんまり見えるけど
一つ一つの建物が昔の貴族の大邸宅だったりするので
実は歩いてみるとかなり距離があったりするのです。
で、メイン通りのネフスキー大通りをリツェイヌィ通りで曲がり
北上して15分ほど。
通りから博物館のある中庭へ抜ける通路はこんな感じなので
道に迷うことはありません。

広い中庭にはアフマートワのありし日を偲ぶ
レリーフやモニュメントが。

この日は夕方から勉強会、というかワークショップがあり
多くの学生さんや親子連れが来てました。

1920年代から約30年、ここで激動の時代を過ごしました。

ここに一緒に暮らしたニコライ・プーニンは
ロシア美術館やレニングラード大学に勤め、
ロモノーソフ陶器工場のコンサルタントも
していたという著名な美術歴史家。
書斎にはプーニン所縁の日本の提灯が飾られています。
いわれを知りたいと思いガイドブックを買ったのですが
ロシア語版が売り切れで英語版を買ってきたので
いまいちよく分からない・・・




窓からの眺め。
アフマートワもここから外を眺めてインスピレーションを
得ていたのでしょうか
しっとり雨に濡れたペテルブルグの風景は
人の心になにかざわざわしたものを呼び起こさせます。

こちらは修理中のヨシフ・ブロツキーの部屋コーナー。
クロークのおばさまに
「残念ね。また来週来なさい」と言われたので
今度ペテルブルグに行く機会があったら
再挑戦してみようと思います。