2018年2月17日土曜日

『ライカ』本日より公開☆

ダブル主演のクセーニア・アリストラートワさんが
公開に合わせてロシアから来日してます~♪
本日、公開初日を迎える新宿K'sシネマでは
監督はじめ、主演の二人に加えて
主題歌を歌うericaさんも舞台挨拶に登場しますよ!

そして明日、2月18日(日)は
越谷イオンレイクタウン Kaze1階「光の広場」にて
「ライカ」公開記念ライブ/トークイベント開催。
主題歌「きっといつか、もっと強く、私らしく」を唄う
ericaさんのライブ&トークイベントに
今関監督はじめ主演の二人も登場いたします!
それで、恥ずかしながら店主もクセーニアさんの
通訳としてお手伝いすることになりました。
人生初の通訳がこんなところで実現するとは・・・
イベントの観覧は無料ですので、
お近くの方はよかったら、わたわたする店主を
冷やかしにいらしてください。

そんなわけで、明日はお店をお休みさせて頂きますので
ご了承下さいませ!

『ライカ』
2018年2月17日(土)より新宿K's cinemaにて。
『ライカ』公式サイト
予告編 https://vimeo.com/249605130(vimeo)
公式ツイッター https://twitter.com/LAIKA_movie
♬パルクにて特別鑑賞券(1,400円/税込)発売中♬

2018年2月16日金曜日

ジョストヴォ塗りデザインのアクセサリー☆

いや~、もう。
なんてすごいものを観てしまったんでしょう!
なんだかね、あーだ、こーだと言い訳して
日々過ごしている自分が恥ずかしくなりましたよ。
元気な姿を見て安心したので明日は通常営業いたします。
フリーの演技は録画してゆっくり観よ~、っと。

さて、今日はジョストヴォ塗りデザインの
いろいろなアクセサリーをご紹介します。
ジョストヴォ塗りといえばジョストヴォ村にある
正規工房で作られたもの以外「ジョストヴォ」と
言うなかれ、ということになっているので
パルクではあえて「デザイン」とお伝えしております。

人気のブローチとバレッタ。
こういったデザインのものはロシア旅行に行かれた方は
お土産店などで見かけた方も多いと思いますが
こちらも作者の腕の良し悪しにバラツキが多いので
お買い求めの際はじっくり見比べてみて下さいね。

大ぶりなペンダントはシックな服装のワンポイントに
重宝します。

ジョストヴォ塗りの元となった
フェドスキノ細密画工房で購入したブローチ。
お花の描き方にまた一味違った深みがあります。

2018年2月15日木曜日

スケート靴のアクセサリー☆

明日は15時からお店を開けさせて頂くことにしました。
なんせ、心配で心配で…
元気な姿を観たいな~、って。
コリヤダ君も団体でいいところなかったので応援したくて。
ってことで、スミマセンです!

ここで、数年前にモスクワのフィギュアスケート専門店で
仕入れたスケート靴モチーフのアクセサリーをご紹介します。
お店の方の歯切れの悪さからたぶん中国製だと思うのですが、
このキラキラ感はロシアの女の子たちも好きそ~♪

シルバーの小ぶりなネックレスは
大人の女性が付けても素敵だと思います!

ザギトワちゃんのバレエ「ドン・キホーテ」も
すてきなプログラムですね~☆
チュチュのような衣装もカワイイけど
足や手の先まで優雅な動作がホント、
バレエのようでほれぼれ魅入っちゃいます♪

フィニフチのアクセサリー☆

ロシアの民芸品の素敵なアクセサリーもありますよ!
まずはフィニフチのアクセサリーをご紹介します。
フィニフチとは古いギリシャ語で「輝き」という意味の
Fingitisから生まれました。
銅板にガラス粉を800度の窯で何層にも焼き付けることで
何年たっても色あせることのないこの絵付け技術は
主に教会装飾などに使用されてきました。
10世紀にギリシャ正教文化と共にビザンチンからロシアへ
伝わったそうです。

縁を飾る繊細なメタル細工も工房で手作りします。



マトリョーシカ雑貨☆

ロシア旅行帰りのお土産用にまとめ買いされる方も多い
マトリョーシカの小物雑貨たち。
小さなものでもロシアの手作り文化を感じて頂きたいので
パルクでは主に手描きされた木製品をご用意しています。
仕入れの時にはかわいいお顔の子を選ぶのはもちろん、
木やニスなどの素材の質にも気を付けています。
どのコもそれぞれに味があるので
真剣な眼差しで選んで下さるのを見ると嬉しくなります♪







2月16日(金)は15時より営業します

明日、2月16日(金)は15:00から営業させて
いただきます。
えっと・・・、
察していただけるとありがたいです(笑)!

2018年2月14日水曜日

ベレスタ(白樺細工)☆

連日の熱戦、みなさん楽しんでますか~?
4年前のソチ開催時のブログを読み返してみたら
連日「今日も眠いです・・・」と書いてました(笑)
今回は時差のない地での開催と言うことで
夜のゴールデンタイムに生でテレビ観戦することができ
毎日どきどき、わくわくさせてもらってます。
それにしても、せっかく町田君が
「日本はペアもダンスもレベルが上がってます。
ぜひ応援してください」って言ってたから
録画して後で観よっかな~、と思ったら放送がないとは!
がっかり・・・

さて、今日はベレスタという白樺の木の皮を加工した
ロシアを代表する民芸品をご紹介します♪

ベレスタは昔からロシアの生活に欠かせない素材で
防水性を生かしたハチミツやジャム入れとして、
防腐、防湿効果を生かしてハーブやスパイス、
乾燥させたベリーやキノコの保存容器として
利用されてきました。
今でもロシア人のご家庭のキッチンでよく見かけます。
塩や砂糖入れ、茶葉やパスタが入っていたり、
パンやチョコレート、クッキーなどの菓子入れにも
よくお見掛けします。

型押ししてオイルステインで
木目の表情を引き立てたタイプの小箱たち。

デザインカットしたベレスタのパーツを
多重に重ねたかわいい小箱たち。

ベレスタは夏は涼しげに、冬はぬくもりを感じる
他にあまりない不思議な素材。
そのためかバレッタは一年を通して人気があります。

ペンダントやピアスたち。